2011年09月12日

レッドアフガンは映画「アンダーグラウンド」を応援します!




先日mixiの関連トピックから、僕の大好きなエミール・クストリッツァ監督「アンダーグラウンド」デジタルリマスター版が再上映されると知り、宣伝を担当されているValeria社様に是非PRのお手伝いをさせて頂きたい旨を申し出たところ、本日担当者様より快諾のメールを頂きました。
Hvala!!(セルビア語:『バンザイ!!』)



【映画 アンダーグラウンド 公式ホームページ】
http://www.eiganokuni.com/ug/

そんなわけで、9月25日のビクトリーショーでは我がサークル「レッドアフガン」の販売ブースに「アンダーグラウンド」のチラシとポスターを置かせて頂きます。

ブース番号:M-122/M-123
サークル名:レッドアフガン

【ビクトリーショー event information】
http://www.sams-militariya.com/l.html

ご来場の際には是非チラシを一枚お手に取って、シアターN渋谷に足をお運び頂けましたら幸いです。
上映期間は上記のように、ビクトリーショー前日の9/24(土)~10/21(金)までとなっております。



+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
なお、前日9/24(土)公開初日に映画「アンダーグラウンド」をゴラン・ブレゴヴィッチもとい御覧の上、チケットの半券をお持ち頂きますと、半券と引換に商品を10%値引きさせて頂きます!!(お一人様一点迄)
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++



僕自身既にVHSビデオを所有しており、もう20回以上は見ている作品ですが、デジタルリマスター版は未見!
なにより劇場の大きなスクリーンで見られるというのは、本当に嬉しいことですね。
音楽が重要な要素となる映画だけに、迫力のサウンドにも期待。

楽しみです・・・・・・・!!!!  

Posted by セルビやん at 01:34Comments(2)戦争映画

2010年07月29日

モテモテスパイと殺し屋ジジイ

反露映画「レジスタンス」見る。




余り取り上げられない題材を扱っているので期待したが、低予算すぎて楽しそうなリエナクトにしか見えず残念。オチも深みがなく、感慨も面白みも少ない凡作。

前髪パッツンの女スパイはなかなか美人で良かったと思う。
あとイギリスの俳優だけ芝居のレベルが飛び抜けて高い。

★★☆☆☆

友人が「スペンサーがスペンサーが」と余り勧めるのでクリント・イーストウッド「許されざる者」見る。



老いぼれ主人公の一大奮闘記、成程痛快。

「ネッドを埋葬しろ!娼婦を人間らしく扱え!でないと皆殺しにするぞ!」

ザ・アメリカって感じだなぁ。
共感は出来るけど、まぁ映画だからね。
何も外国でも同じノリで暴力的啓蒙運動しなくてもいいと思う。

ウェスタンに手を出すかは別として、古式銃のエアガンやっぱ欲しいなぁ。
中国人の海賊とかやりたい。

英国人の悪党イングリッシュ・ボブが実に嫌な野郎で、米国人にとっての旧世界を代表するような奴だったが、判りやすすぎて実に良いキャラ。
アレで溜飲を下げる人も、随分単純だと思う。
でもまぁ西部劇なんだから良いと思う。

★★★★☆  

Posted by セルビやん at 17:19Comments(0)戦争映画