スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2015年01月15日

スルプスカ共和国軍部隊名一覧(一)第1クライナ軍団



ユーゴ紛争関連の軍装趣味を楽しむに当たって、最低限知っておきたい事とは何でしょうか。
映画を観ても小説を読んでも、センセーショナルな戦争犯罪のことばかり強調され、何も見えてはきません(※無視できない重要な側面では無論ありますが)。戦争が醜いものであることは第二次世界大戦でもヴェトナム戦争でも変わりませんが、ことユーゴ紛争に関しては基本的な軍事知識を無視したかたちで倫理的な側面ばかりが強調されているきらいがあります。

日本語のウィキペディアでも、なぜか風変わりな民兵部隊など瑣末な部分ばかり指揮官名も含めて書かれている一方、その他の部隊については殆ど何も判らない内容です。
関連の日本語書籍を読んだところで、クロアチア側の義勇兵として戦った高部正樹先生の著作を除けば、矢張りミリオタが趣味として楽しむのに必要な日本語情報を得られる手段は皆無に等しい状態です。

他の軍装趣味と同様ユーゴ紛争についても、いちミリオタとしてミリオタが必要とする情報を獲得したいと思いつつ今まで未着手でおりました。
その学習の嚆矢として、まずはスルプスカ共和国軍の基礎的な編成に手をつけようと思い、ひとまず簡単に部隊名のみ羅列してみます。

ウィキの引用ですから資料的価値はないです、念の為。
日本語のウィキよりは詳細かな、という程度です。
内戦時93〜95年のデータを元にしており、ある時点での編成を忠実に再現したものではありません。
統廃合された部隊、未編成の部隊も含めて列記してあります。

各部隊の詳細な戦力や部隊史については、興味を持たれた方が個別に調べて頂けたらと思います。
私もテキトーにやる気の湧いた順に調べて参ります。






■スルプスカ共和国軍参謀本部

■スルプスカ共和国地上軍(92~95総兵力8万人前後)

 【 軍団 】

-第1クライナ軍団
-第2クライナ軍団
-第3軍団
-東ボスニア軍団
-サラエヴォ-ロマニヤ軍団
-ドリナ軍団
-ヘルツェゴヴィナ軍団

■スルプスカ共和国空軍及び防空軍(92~95総兵力4000人前後)
 



それでは、以下第1クライナ軍団から。


----------------------------------------------------------------------------------------------------------



第1クライナ軍団
     述べ参加人数12万人(兵力5万1千~6万人)/戦死者6.5千~7千人/戦傷者27千人
     機甲戦力 戦車180輛 装甲車150輛(※編成当初)
   
【 旅団 】

-第16クライナ自動車化旅団
-第1装甲化旅団
-第2装甲化旅団
-第27デルヴェント自動車化旅団
-第43プリイェドル自動車化旅団
-第30軽歩兵師団
-第10クライシュカ歩兵師団(92年後半解散)
-第31ブルチコ強襲旅団

【 軽歩兵旅団 】

-第1バニャ・ルカ軽歩兵旅団
-第2バニャ・ルカ軽歩兵旅団
-第3バニャ・ルカ軽歩兵旅団
-第5バニャ・ルカ軽歩兵旅団
-第1トレバヴチカ軽歩兵旅団
-第1オズレン軽歩兵旅団
-第2オズレン軽歩兵旅団
-第1ヴチャク軽歩兵旅団
-第1グラディシュカ軽歩兵旅団
-第1ドボイ軽歩兵旅団
-第1クネジェヴォ軽歩兵旅団
-第1コトル・ヴァロシュ軽歩兵旅団
-第1クルニン軽歩兵旅団
-第1ラクタシ軽歩兵旅団(戦闘による損耗大により第2クライナ軽歩兵旅団に統合)
-第1ノヴィ・グラード軽歩兵旅団
-第1オジン軽歩兵旅団(93~94年活動後解散、第27デルヴェント自動車化旅団に統合)
-第1プルニャヴォル軽歩兵旅団
-第1テスリッチ軽歩兵旅団
-第1トレビシュカ軽歩兵旅団
-第1スルバツ軽歩兵旅団
-第1シポヴォ軽歩兵旅団
-第1チェリナツ軽歩兵旅団
-第1ポドグルメツ軽歩兵旅団(計画のみ、編成されず)
-第2テスリッチ軽歩兵旅団(第1テスリッチ軽歩兵旅団に統合)
-第2クライナ軽歩兵旅団
-第5コザラ軽歩兵旅団
-第6サンスカ軽歩兵旅団
-第22軽歩兵旅団
-第11ドゥビツァ軽歩兵旅団
-第11ムルコニチ軽歩兵旅団
-第19ドニ・ヴァクフ軽歩兵旅団

【 砲兵部隊 】

-第1~第9混成砲兵連隊
-第1混成対戦車砲兵連隊
-第1軽砲兵連隊(※防空部隊)

【 後方部隊及び二線級部隊 】

-第1~第9工兵連隊
-第1架橋大隊
-第1~第9通信大隊
-第1~第9憲兵大隊
-第1自動車大隊
-第1衛生大隊
-メシャ・セリモヴィッチ第1独立ムスリム大隊(第27自動車化旅団に統合)
-マニャチャ教化隊
-第36独立戦車大隊(※クライナ軍から転入した戦車部隊)
-第30通信大隊
-”ヴチャクの狼”強襲大隊(※開戦時は第27自動車化旅団の一部だった)

【 戦術作戦集団 】

-戦術集団1
-戦術集団2
-戦術集団3
-戦術集団4
-戦術集団5
-ヴラシッチ作戦集団
-ドボイ作戦集団(※=第9作戦集団)
-プリイェドル作戦集団
-バニャ・ルカ軽旅団群

----------------------------------------------------------------------------------------------------------



筆者の語学力不足により、部隊名等一部翻訳には間違いが含まれている可能性もあります。
もしお気付きの点がございましたら、忌憚なくコメントをお寄せ下さいますようお願い申し上げます。

なお当ブログでは軍装趣味のみを純粋に楽しむため、戦争犯罪等に関する政治的なコメントはお控え願います。
これはひとり日本人ミリオタの自己満足のためのローカルルールではなく、旧ユーゴ諸国含む各国のミリタリーマニアが集うサイトでも一般的なルールですので、お知り置き頂けましたら幸いです(※したがって「勝手ながら」とは前置きしません)。
当ブログもこの基準を準用して運営して参る所存です。

ミリブロではミリブロらしく、大上段の政治談義はさておきスルプスカ共和国軍の実際について少しずつ調べてゆきたいと思います。
(二)に続きます。



■ちなみに

今年2015年11月に開催予定のヒストリカルゲームボスニア199X、参加者募集中です。
お問い合わせ・参加のお申込はリンク先メールアドレスまで。
お待ちしております!

  

Posted by セルビやん at 18:59Comments(0)スルプスカ共和国

2015年01月13日

ボスニア・ヘルツェゴヴィナ連邦軍歩兵装備一覧




紛争終結のわずか4年後に発行された、1999年度「新兵のための手引」よりボスニア・ヘルツェゴヴィナ連邦陸軍新兵(レグルト)が入隊時に支給される需品一覧を抜粋・翻訳しました。


(※ちなみにこの袖章は、当マニュアルが書かれたのと同時期、内戦終結後(=VH BiH ボスニア・ヘルツェゴヴィナ連邦軍時代)の総軍章です。ボスニア内戦(=ARBiH ボスニア・ヘルツェゴヴィナ共和国軍時代)リエナクトでうっかり使うと赤っ恥です)

■装備品リスト

1st 3ピース戦闘服 1組
2nd ベレー/野戦帽 各1点 
3rd 迷彩ベスト 1点 
4th シャツ 1点 
5th ODベルト 1点 
6th ハーネス及び背嚢 1点
7th 戦闘靴 1足  
8th サンダル1足 
9th 軍用靴下冬用 2組 
10th 軍用靴下夏用 2組 
11th 冬用下着2組 
12th 夏用下着2組  
13th 手袋1組 
14th サービスドレス 1組 
15th タオル 2点 
16th バラクラバ 1点 
17th 帽章1点
18th 袖章1点  
19th 飾緒 、肩章各1組 
20th 枕カバー 1枚 
21st シーツ2枚
22nd ファーストエイドキット1点 
23rd 野戦天幕1枚 
24th ヘルメット1点
25th 野戦円匙 1点
26th 水筒1点

■制式小銃(7.62mm弾薬使用部隊)
ザスタヴァM-70自動小銃/ザスタヴァM-72軽機
■制式機銃(同上)
ザスタヴァM84

■制式小銃(5.56mm弾薬使用部隊)
M16A1

■制式機銃
M60汎用機関銃

■その他制式機銃 7.92mmザスタヴァM53汎用機関銃

■制式対戦車火器M57無反動砲、RPG-7


もっと大きな支援火器や手榴弾の種類、各兵器のオプションや需品、重量等諸元についてはめんどくさいので省略しました。

悪しからず。


以上簡単ではありますが、戦場写真や動画を観察する際の参考にしたり、アイテム収集の筋道をつけるのには少しはお役立て頂けましたら幸いです。

尚明記してありませんが、需品は当然大半が旧ユーゴ製及びボスニア国産である一方、紛争中クリントン政権黙認の下行われた密輸武器・・・もとい諸外国からの心温まる人道支援物資も大いにご活用頂けるものと思います。

また実際には内戦終結後から今に至るまで、M16やザスタヴァM70だけではなくHK G3や56式自動歩槍等さまざまな銃器が使用されており、こちらについてはウィキペディア等ネット情報や画像掲示板をご参照頂いた方が手っ取り早いかと存じます。

此処ではあくまで教本という一次情報をのみ一部紹介させて頂きました。

■ちなみに

2015年11月に開催予定のヒストリカルゲームボスニア199X、参加者募集中です。
お問い合わせ・参加のお申込はリンク先メールアドレスまで。
お待ちしております!  

2015年01月13日

我らがスルプスカ共和国



Hoce da je otmu, hoce da je ruse
Oni bih da nestane, hoce da je uguse
X2

奴め彼女を拐う気だ、襲う気なのだ 
奴らBiH(※)が逃げる、首を絞めようとしている!

I nedaj da nam uzmu nju, nasu zemlju voljenu
Ona je ko ikona, lijepa je ko slika
To je nasa Srpska Republika

奪られてなるか 我が愛する祖国
彼女はイコン、名画のように美しい
それが我らの スルプスカ共和国!


Ne dirajte u nju, ona vasa nije,
Srpska je za Srbina, nesto najmilije
X2

触るな!彼女はお前らのものじゃない
スルプスカはセルビア人、愛されし者のもの

I nedaj da nam uzmu nju, nasu zemlju voljenu
Ona je ko ikona, lijepa je ko slika
To je nasa Srpska Republika
X2

奪られてなるか 愛する祖国
彼女はイコン、名画のように美しい
それが我らの スルプスカ共和国!

Za nju su se borili, zivote su dali
Za Srpsku su ginuli veliki i mali
X2

彼女のために 彼らは戦い生命を捧げた
大人も子供も セルビアの民のため死んだ

I nedaj da nam uzmu nju, nasu zemlju voljenu
Ona je ko ikona, lijepa je ko slika
To je nasa Srpska Republika
X2

奪られてなるか 我らが祖国
彼女はイコン、名画のように美しい
それが我らの スルプスカ共和国!

(※)BiH = Bosna i Herzegovina ボスニア・ヘルツェゴヴィナ。
-----------------------------------------------------------
絵のように・・・二次元厨かな?国擬人化勢かな?()
誤訳とか、「この方が歌詞として美しい」など御意見ありましたら是非お寄せ下さい。

今年2015年は秋にボスニア紛争リエナクトもありますし、とても楽しみです。
3月15日に千葉某所でその前哨戦として、ユーゴ内戦軍装で集まっての貸切ゲームも開催されます。
御興味ありましたらお気軽にコメント下さい。  

Posted by セルビやん at 10:52Comments(0)スルプスカ共和国軍歌