2015年06月13日

ボスニア軍装基本のキ!(二)US「M81」ウッドランドカモ及び派生型

■1 ARBiHの軍服

zatta

ボスニア内戦(1992~1995)における他の軍事勢力と比較して、ボスニア・ヘルツェゴビナ共和国軍(以下ARBiHと略称)の軍装は時期と地域を問わずきわめて雑多なものでした。

その成り立ちからして企業・自治体が地域防衛隊単位で設立した民兵集団や犯罪組織、地域の実力者による私兵集団・人民軍からの脱走兵等々をボスニア戦時政府が糾合して創設されたARBiHは、武装の相当部分を諸外国からの密輸及びクロアチアの支援に依存していました。

当然その軍服もこうした事情を如実に反映しており、欧米各国のサープラス品、クロアチア製ウッドランド迷彩、幾ばくかの旧ユーゴスラヴィア人民軍からの鹵獲品、そして独自に製造された雑多で珍妙な各種の迷彩戦闘服がごちゃ混ぜに着用されていました。

そのため今回は、以前投稿したスルプスカ共和国軍軍装ガイドと比較して更に多くの迷彩服とその派生型について解説する必要があります。

「ボスニア199X」に参加予定の皆様をはじめボスニア軍装に興味をお持ちの皆様、暫しお付き合い下さい。

それでは、まず定番のウッドランド迷彩から始めましょう。


wl1

2 US「M81」ウッドランドカモとその派生型及び海賊版

ARBiHが着用した軍服の大半は米軍「M81」ウッドランド迷彩と、様々な色調・パターンを持つ無数の外国製派生型によって占められていました。

wl

一例を挙げると、クロアチア及びボスニア製のウッドランド迷彩はブラウン及びタンカラーが強く、それでいて全体的にやや暗くくすんだ色調を持つ傾向があります。

wl2

まとまりませんが、同軍装備再現にあたっては代用や未確認の派生型まで念頭に入れれば、韓国製やパキスタン製などこの時代に存在した殆どのウッドランド迷彩服及びその同型品を着用して差し支えないものと思われます。







同じカテゴリー(ボスニア・ヘルツェゴヴィナ共和国)の記事画像
ボスニア軍装基本のキ!(九)ARBiHの個人携行火器
ボスニア軍装基本のキ!(八)ARBiHの個人装備
ボスニア軍装基本のキ!(七)JNA各種野戦服
ボスニア軍装基本のキ!(六)その他諸外国の軍服
ボスニア軍装基本のキ!(五) ボスニア独自の迷彩パターン
ボスニア軍装基本のキ!(四)社会主義ユーゴ及び鹵獲セルビアリザード迷彩
同じカテゴリー(ボスニア・ヘルツェゴヴィナ共和国)の記事
 ボスニア軍装基本のキ!(九)ARBiHの個人携行火器 (2015-06-15 04:36)
 ボスニア軍装基本のキ!(八)ARBiHの個人装備 (2015-06-15 00:40)
 ボスニア軍装基本のキ!(七)JNA各種野戦服 (2015-06-14 19:04)
 ボスニア軍装基本のキ!(六)その他諸外国の軍服 (2015-06-14 16:41)
 ボスニア軍装基本のキ!(五) ボスニア独自の迷彩パターン (2015-06-14 15:00)
 ボスニア軍装基本のキ!(四)社会主義ユーゴ及び鹵獲セルビアリザード迷彩 (2015-06-14 02:52)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。